中濃地域農業共済事務組合 中濃地域農業共済事務組合
HOME
NOSAI概要
事業内容
広報・地域たより一覧
リンク

地域たより

中濃地域農業共済事務組合
〒501−3253
岐阜県関市栄町3丁目7番21号
TEL (0575)22−1008(代)
FAX (0575)22−1317
事業内容

園芸施設共済

加入資格者
 特定園芸施設の面積を2a以上所有または管理する農業者

加入できるもの
特定園芸施設 附帯施設 施設内農作物
特定園芸施設 附帯施設 施設内農作物
 野菜、花きなどの農作物を栽培するためのプラスチックハウスおよびガラス室
※全棟加入となります(一部を除く)
 温室度調節施設、かん水施設、換気施設、カーテン装置などお持ちの施設全て
 施設内で栽培されている野菜、花きなどの農作物
※作物によって引受できないものもあります。希望される場合は全棟加入いただきます。

○特定園芸施設のみ
○特定園芸施設+附帯施設
○特定園芸施設+施設内農作物
〇特定園芸施設+附帯施設+施設内農作物
※施設内農作物の病害虫の被害については、施設管理・肥培管理の状態によって共済金の減額があります。
◎特定園芸施設撤去費用
 災害により損壊した園芸施設の撤去費用を補償する方式を付加することができます。

◎施設内農作物の事故除外方式
 施設内農作物の病虫害を支払対象外とする方式を選択することができます。この場合、施設の面積の合計が5a以上で、園芸施設の栽培経験を3年以上、かつ損害防止を行うための施設が整備され損害防止を適正に行う見込みのある人に限ります。

対象となる災害
1) 風水害、雪害、ひょう害その他気象上の原因(地震および噴火を含みます)による災害
2) 病虫害
3) 鳥獣害
4) 火災など

共済責任期間
 年間を通して被覆されている施設については、共済掛金を支払った日の翌日から1年間。 被覆期間(施設の中で農作物を栽培している期間)が1年に満たない場合は、被覆期間に合わせて4ヶ月〜11ヶ月の間で定めます。

共済金額
 共済金額は引受けをした施設などの時価額 (共済価額)の最高8割まで加入出来ます。

共済掛金
 共済掛金のうち半額を国が負担します。
(ただし共済金額 最高8,000万円まで及び復旧費用補償分は除く)
農家負担掛金 = 共済金額 × 共済掛金率 ×

共済金
1) 共済金は、災害の生じたつど支払われます。
2) 共済金は1棟ごと、1事故ごとの損害額が3万円または共済価額の1割に相当する金額を超えた場合に、次により算出される金額が支払われます。
掛金は国が5割を負担します。

支払共済金 = 損害額 × 共済金額  (=付保割合)
共済価額

※被害が発生した時は、組合へ速やかにご連絡下さい。



平成27年2月より園芸施設共済の補償が拡充されました。

◎耐用年数の見直し(施設本体と附帯施設)
施設区分 見直し前 見直し後 増減
ガラス室Ⅰ(木造) 10年前 5年 △5年
ガラス室Ⅱ(鉄骨) 15年 14年 △1年
プラスチックハウスⅠ(木竹) 5年 5年 ±0年
プラスチックハウスⅡ(パイプ) 5年 10年 +5年
プラスチックハウスⅢ(簡易鉄骨) 7年 14年 +7年
プラスチックハウスⅣ・Ⅴ・Ⅵ(鉄骨) 15年 14年 △1年
附帯施設 5年 7年 +2年

◎耐用年数経過後の保証価額の引き上げ(施設本体と附帯施設)
再建築価額の20%→再建築価額の50%

◎復旧費用補償の追加(農家選択 掛金国庫負担なし)
・耐用年数内の施設の保証価額は、再建築価額の100%
・耐用年数経過後の施設の保証価額は、再建築価額の75%

◎撤去費用対象施設の拡充(農家選択)
パイプハウスなども撤去費用の補償対象に追加



←前へ戻る ↑ページトップへ



HOMENOSAI概要事業内容広報・地域たより一覧リンク

Copyright (C) 2006 nosai.info All Rights Reserved.