中濃地域農業共済事務組合 中濃地域農業共済事務組合
HOME
NOSAI概要
事業内容
広報・地域たより一覧
リンク

地域たより

中濃地域農業共済事務組合
〒501−3253
岐阜県関市栄町3丁目7番21号
TEL (0575)22−1008(代)
FAX (0575)22−1317
事業内容

畑作物共済
  一筆方式   全相殺方式   蚕繭

 大豆 (一筆方式)

 共済責任期間中に共済事故が発生し、ほ場ごとの減収量が基準収穫量の3割を超えた場合に支払われます。

加入の申込み、大豆を作付する耕地すべてについて申込みをします。
加入資格者
 大豆を10a以上栽培する農業者


加入できるもの
 大豆(乾燥子実に限ります)

対象となる災害
風水害、干害、冷害、ひょう害、その他気象上の 原因による災害と火災、病虫害、鳥獣害などです。 (栽培管理等の不良による減収は分割されます)

支払の対象となる期間(共済責任期間)
 発芽期(移植をする場合は移植期)から収穫し、ほ場より搬出するまでです。

共済金額
共済金額 共済金額とは、共済金支払いの対象となる被害が発生したときに、組合が支払う共済金の最高額です。この範囲内で、実際に生じた損害の量に応じて共済金が支払われます。


共済金額=単位当たり共済金額(1kg当たり312円)×引受収量
引受収量=基準収穫量× 70%

共済掛金

掛金は国が55%を負担します。
共済掛金=共済金額×掛金率
例)10a当たり137kgの基準収穫量の場合
   2,066円 = 29,952円 × 6.9%

共済金
 共済責任期間中に、共済事故が発生しほ場ごとに基準収穫量の3割を超える損害が生じたときに支払われる共済金は1kg当たりの共済金額にその3割を越える損害量(共済減収量)をかけて算出されます。

支払共済金 = 共済減収量(基準収穫量の3割を超えた量) × 1kg当たりの共済金額

共済金
 平成27年産から、営農継続支払は、農業者の当年産の収入に含めることとなります。
このため、支払われる共済金は、補償金額から営農継続支払を控除したものとなります。

戻る



 全相殺方式

 共済責任期間中に共済事故が発生し、その農家の収穫が基準収穫量の9割を下回った場合に支払われます。

加入の申込み、大豆を作付する耕地すべてについて申込みをします。
加入資格者
 過去5ヵ年において、収穫した大豆の数量に関する資料が得られるJA等に出荷し、今後もほぼJA等に出荷する農業者です。


加入できるもの
大豆(乾燥子実に限ります)

対象となる災害
風水害、干害、冷害、ひょう害、その他気象上の 原因による災害と火災、病虫害、鳥獣害などです。
(栽培管理等の不良による減収は分割されます)

支払の対象となる期間(共済責任期間)は
 発芽期(移植をする場合は移植期)から収穫し、ほ場より搬出するまでです。

共済金額
 農家の平均収量の9割に1kg当たり単価をかけたものです。
基準単収:過去の出荷量(JA等)から算出します。

共済金額
共済金額

共済掛金

掛金は国が55%負担します
共済掛金=共済金額×掛金率
例)10a当たり137kgの基準収穫量の場合
   3,684円 = 38,376円 × 9.6%

共済金
 出荷量(自家保有量を含む)が、基準収穫量の9割を下回った時に損害の程度に応じて支払います。

共済金
 平成27年産から、営農継続支払は、農業者の当年産の収入に含めることとなります。
このため、支払われる共済金は、補償金額から営農継続支払を控除したものとなります。

被害が見込まれる場合には速やかにご連絡ください


戻る



 蚕繭

加入資格者
 春蚕繭、晩秋蚕繭ごとの蚕種の掃立量が0.25箱以上の農業者

加入できるもの
春蚕繭 晩秋蚕繭

対象となる災害
【 蚕 】
 蚕児の火災、風水害、地震または噴火による災害、病虫害、鳥獣害による繭の減収。

【 桑 】
 桑葉の風水害、干害、凍霜害、ひょう害、雪害その他気象上の原因(地震および噴火を含む)による災害、火災、病虫害、獣害による桑の減収。
共済掛金

共済責任期間
 各蚕期の桑の発芽期から収繭までです。

無事もどし
 畑作物(蚕繭)共済にも農作物共済同様無事もどし制度があります。

共済金額
 共済金額は次のように決められます。
 1kg当たりの繭価に、農家ごとの基準収繭量の8割をかけたものが共済金額となります。
【例】 1kg当たりの繭価2,050円、農家ごとの基準収繭量100kgの場合   
[ 共済金額 ] [ 1kg当たりの繭価 ] × [ 基準収繭量の8割 ]
164,000円 2,050円 × (100kg×0.8)
      

共済掛金
共済掛金 共済掛金は、共済金額に共済掛金率(県平均2.0%)をかけて計算されます。そのうち50%は国で負担し、残りが農家の負担する掛金です。
(春蚕繭・晩秋蚕繭により共済掛金率がことなります。)

共済金
 繭の減収による損害が2割を超えた場合に共済金を支払います。

共済金


軟化病・硬化病防止のため、桑園・蚕室の消毒は徹底して行いましょう!
蚕の農薬中毒が起こらないように地域で話し合い、被害防止に努めましょう!

※加入申込内容に変更があった時はご連絡下さい。
※被害が発生した時は、組合へ速やかにご連絡下さい。



←前へ戻る ↑ページトップへ



HOMENOSAI概要事業内容広報・地域たより一覧リンク

Copyright (C) 2006 nosai.info All Rights Reserved.